Skip to Content

色喪服とは

喪服の中の色喪服

ややこしい?色喪服

着物では、喪の際に故人との関係や場面で略礼装になる色喪服を着用します。和服自体に詳しくない人が多い現代では、色喪服の存在を知らない人も多いので、非常識扱いされてしまうこともありそうですが、着物では、法事や偲ぶ会などの先様の行事に合わせて地味な色目を着回すのです。

色喪服は、茶、グレー、藍、紫、エンジなどの地味な色目で紋付無地となり、生地は光沢のない縮緬がよいでしょう。地紋のない色無地でもよく、その場合は一越し縮緬や古代縮緬が無難です。

地紋がある場合は、慶事の吉祥文様ではなく、「流水文・紗綾形文・網代文」など慶弔両方に使われる文様、あるいは弔事の「雲取り・紗綾形・波文」、江戸小紋であれば「鮫・行儀・通し」などが最適となります。

帯との組み合わせの格式の順としては、黒喪服と黒喪帯、黒喪服と色喪帯、色喪服と黒喪帯、色喪服と色喪帯になります。小物は黒喪服と同じく、長襦袢、半衿、足袋は白、草履や羽織は黒を合わせるようにしましょう。

 

地方ごとの風習に従うのがよい色喪服

色喪服とは聞き慣れないかもしれませんが、お通夜や1周忌、三周忌の法事などで着用する喪の略礼装になります。不祝儀の場面や立場で黒喪服と色喪服(略礼装)を使い分けることがありますので、紹介しましょう。

お通夜・告別式~一周忌までは、喪主・親族は黒喪服、特に、改まった関係や組織の喪の場面では、友人や同僚も黒喪服になります。友人や同僚については、略礼装も可能な場合もありますから、判断が難しいところです。

三回忌から喪主は色喪服と黒喪帯の略礼装、一周忌から親族は色喪服と黒喪帯の略礼装も可能になります。色喪服といっても、別に色喪服という種類が販売されているのではなく、地味目な色無地や江戸小紋などに染め抜きの一つ紋が入っている着物と喪服用の帯と小物を指すのです。

年忌が進めば、段々と喪の要素を減らしていくことになりますが、地方によって違いがありますから、その土地の風習に従うのがよいでしょう。